常陽銀行住宅ローン

常陽銀行住宅ローンの諸経費はどんなものがどのくらいかかる?

こちらでは、常陽銀行の住宅ローンに必要となる諸費用についてみてみましょう。

 

住宅を取得する場合、土地や建物の代金を支払います。

 

また、住宅ローンを組む場合には、住宅ローンの契約に付随して、様々な費用(諸費用)が必要になります。

 

住宅取得や住宅ローンの支払を円滑に行うには、必要となる諸費用の額を予め算定しておいて、返済計画に組み込むことが重要になります。

 

常陽銀行では、WEBサイトでローンの返済額に関するシミュレーションを行うことができます。

 

そのサイトで、諸費用についても、概算額を表示してくれます。今回は、このシミュレーションを用いて、必要となる諸費用の概要をご紹介します。

 

モデルケースとして、

 

【借り入れ金額を3000万円】
【返済期間を35年】
【ボーナス時加算なし】
【変動金利型】

 

とした場合を仮定します。

 

 登録費用(登録免許税等)

 

土地や住宅を購入した時には、一般に引渡しを受けると同時に登記を行います。

 

この時に登録免許税を支払う必要があります。

 

登録免許税は、購入金額の1000分の4となっています。

 

また、登記を代行してもらうために司法書士報酬を支払わなければなりません。

 

これらの一連の費用を合計して、WEBサイトでのシミュレーションでは、15万円程度が必要となるとのことです。

 

 

 収入印紙

 

住宅ローンの契約書(金銭消費貸借契約書)を有効とするためには、ローン金額に応じた収入印紙を購入して、印紙税を支払わなければなりません。

 

借り入れ金額が3000万円の場合には、2万円の収入印紙を購入し、貼り付け、割り印を行う必要があります。

 

 

 保証料

 

常陽銀行の住宅ローンでは、原則として常陽信用保証(株)による保証を受ける必要があります。

 

そのかわり、常陽信用保証へ保証料を支払わなければなりません。

 

保証料の金額は、住宅ローンの借入金額,返済年数と保証会社が住宅ローンの審査を経て決定する保証料率によって変わります。

 

モデルケースの場合、保証料のシミュレーション結果は61万8300円と表示されました。

 

これは、最も安い保証料率(0.2%)の場合となります。保証料を一括して前払いしない場合には、住宅ローン金利が0.2%上乗せされます。

 

なお、審査結果により最も高い保証料率0.5%となった場合には、保証料は154万5570円(または、住宅ローン金利に0.5%上乗せ)となります。

 

なお、WEBサイトのシミュレーションでは、表示されませんが、住宅ローンの商品説明書などによると、保証会社への事務手数料として、保証料以外に3万1500円を支払う必要があります。

 

これらを合計すると、モデルケースの場合の諸費用は81万9800となります。

自営業の方の住宅ローンは?

自営業・経営者の住宅ローンQ&A【審査通らない・審査落ちしたら?】
自営業者、個人事業主、会社経営者は住宅ローンが借りにくいという話をよく聞きます。実際に自営業の方が住宅ローンを借りる際に生じる金利や所得、審査などの疑問にお答えするQ&Aサイトです。住宅ローンでお悩みの方必見!審査に通りやすい住宅ローンもご紹介!
www.jieigyo-mortgage.com/


常陽銀行住宅ローン諸経費シュミレーション【登録費用・保証料いくら?】関連ページ

金利の変化別返済額・総支払額シミュレーション