常陽銀行住宅ローン

常陽銀行のフラット35はどんなローン?

こちらでは、常陽銀行が提供するフラット35についてご紹介したいと思います。

 

 

フラット35は、常陽銀行独自の住宅ローンではありません。

 

住宅金融支援機構が、民間の金融機関と提携して提供している住宅ローンで、常陽銀行以外にも多くの金融機関がフラット35という同じ名称の住宅ローンがあります。

 

フラット35には、買取型と保証型の2種類がありますが、常陽銀行が提供しているフラット35は買取型です。

 

これは、住宅ローンの債権を住宅金融支援機構が買い取ることから名付けられています。

 

買い取られた債権は、証券化されて投資家に発行されます。

 

投資家から集めた資金によって、住宅ローンの金利を比較的安く提供するという仕組みになっています。

 

 

フラット35の最大の特徴は、その名の通り、最長35年間の住宅ローンの返済期間中に、住宅ローン金利が変化しない、超長期固定金利型の住宅ローンであるということです。

 

常陽銀行では、変動金利型と固定金利型の金利タイプが提供されていますが、固定金利型は最長15年となっています。

 

従って、15年を超える住宅ローンを組んだ場合、最低1回は住宅ローン金利の見直しがあります。

 

 

フラット35では、住宅ローンの返済期間は15年以上35年以下となっています。

 

借入金額は最高8000万円で、住宅の建設費または購入金額の90%以内という条件がついています。

 

また、総返済負担率については、年収400万円未満の場合は30%以下、年収400万円以上の場合には35%という条件が設定されています。

 

 

常陽銀行が提供するフラット35の2012年11月現在の金利は、返済期間20年以下の場合が1.92%、21年以上の場合が2.20%となっています。

 

常陽銀行独自の一般的な住宅ローンの場合、「最初にうれしい金利引き下げ(当初期間重視プラン)」による金利引下げを適用した場合の15年固定金利が2.0%となっていますので、返済期間15〜20年の場合には、フラット35を利用したほうが、住宅ローン金利が低くなります。

 

 

但し、一般的な住宅ローンでは、団体信用生命保険の保険料を常陽銀行が支払いますが、フラット35の場合には、ローン債務者が支払う必要があります。

 

また、フラット35の融資が実行されるタイミングは、住宅が完成して、その住宅が住宅の安全性、居住性、耐久性について住宅金融支援機構が定めている一定の基準を満足していることが確認されてからとなります。

 

従って、状況によっては、つなぎ融資を受ける必要がありますので、つなぎ融資に関わる諸費用や利子を余分に支払うことになりますので、注意が必要です。


フラット35とは?

フラット35Sエコの金利引き下げについてのポイントをご紹介します。フラット35Sの金利を比較しておすすめの銀行をご紹介するランキングも必見です。


常陽銀行住宅ローンフラット35って?年収いくら?【借り換え不可能?】関連ページ

エコ住宅ローンの概要は?
三大疾病保障付き住宅ローンとは?
女性向け住宅ローン「ロング・エスコート」の概要は?