常陽銀行住宅ローン

常陽銀行住宅ローンの<三大疾病保証付きローン>は付けとくべき?

こちらでは、常陽銀行が提供している「三大疾病保証付きローン」の概要についてご紹介したいと思います。

 

 

一般に、住宅ローンを組む際には、団体信用生命保険に加入することが必要です。

 

団体信用生命保険は、住宅ローンの残高と同額の生命保険を毎年掛け捨てでかけるものです。

 

ローン債務者が死亡したり、高度障害の状態となったりした場合に保険金が支払われ、その時点で、住宅ローンが完済できる仕組みになっています。

 

ローン債務者は一般的に、一家の中で一番収入がある人の場合が多いですから、その収入がなくなったとしても、残された家族はそのまま、住宅に住み続けることができます。

 

団体信用生命保険の保険料は常陽銀行側が負担しますので、ローン債務者は、既往の病歴などがなく、団体信用生命保険に加入さえできれば大丈夫ということになります。

 

 

一方、死亡や高度障害以外に、もっと幅広い病気に対しても保証できる住宅ローンがあります。それが、三大疾病保証付きローンです。

 

 

三大疾病とは、悪性新生物(がん)・急性心筋梗塞・脳卒中です。

 

がんについては、がんに罹患したと確定診断された場合、急性心筋梗塞・脳卒中については、医師の診療を受けた日から60日以上、労働の制限を必要とする状態であったり、言語障害、運動失調、麻痺等の他覚的な神経学後遺症が継続したりした場合に、死亡時や高度障害時と同じように、住宅ローンの残高に相当する保険金が支払われ、住宅ローンを完済することができます。

 

 

日本人の3人に1人はがんで死亡し、3人に2人は三大疾病で死亡するといわれています。三大疾病保証付きローンに加入すると、住宅ローンに関する心配が低減されるというメリットがあります。

 

 

しかし、三大疾病に罹患しても、全ての場合に保険金が支払われるわけではありませんので、注意が必要です。

 

※下記のような場合には、三大疾病にかかっても保証の対象とはなりません。
  ・三大疾病保証付きローンに加入前に、がんに罹患したことがある人
  ・住宅ローンの融資を実行してから、90日以内に、がんと診断された場合、この場合、90日
   以降にがんが再発したとしても、対象とはなりません。
  ・上皮内がんおよび皮膚の悪性黒色腫以外の皮膚がんである場合

 

 

なお、団体信用生命保険の保険料は常陽銀行が支払いましたが、三大疾病保証の部分に関する保険料は、ローン債務者が支払わなければなりません。

 

保険料は、住宅ローン金利を0.2%上乗せするという形で、月々の住宅ローン返済に含まれます。

 

また、融資金額が3000万円を超える場合には、告知に加え、保険会社所定の「健康診断結果証明書」を提出する必要があります。


常陽銀行住宅ローン:三大疾病保証付きローン【がん・心筋梗塞・脳卒中】関連ページ

エコ住宅ローンの概要は?
女性向け住宅ローン「ロング・エスコート」の概要は?
フラット35の概要は?